速やかに対応しよう

the colorful drugs

ヘルペスは唇や性器にあらわれるもので、ちくちくしたりぴりぴりしたりします。症状が進行すると、水ぶくれになり、場合によっては高熱を出すこともあります。基本的には2週間もたてば自然に治っていきますが、その間激しい痛みで、ものを食べたり排尿したりすることが難しくなるケースがあります。ヘルペスを引き起こすのはウィルスが原因です。ウィルスを持った人に接触することで、自身もウィルス保持者になります。健康ならばウィルスを保持していても症状があらわれませんが、疲れていたり体調不良の時に症状が出てきます。口にヘルペスを患っているならば口を触った手で性器に触れるとそのまま性器にヘルペスが移りますし、ヘルペスに感染している性器を触った手を口にあてると口にもヘルペスが移ります。なので、常に手を清潔に保ち口や性器に触れないことが大切です。

ヘルペスの症状が出始めたと思ったら、速やかに抗ウィルス剤を患部に塗ることが大切です。抗ウィルス剤は、ウィルスを死滅させることはできませんが増殖させないので、ヘルペスの重症化を防ぐことができます。抗ウィルス剤を用いている間でも、ウィルスは体の中に存在しているので、他の人に感染させないためにもキスしたり性交渉を行うのを控えます。また、潜伏期間中にパートナーに感染させている可能性もあるので、必ずパートナーに伝えて、病院に行くことをおススメします。口に出来たなら皮膚科で、性器に出来たなら泌尿器科で治療してもらいます。新生児がヘルペスに感染をすると全身にウィルスが広がり脳炎を引き起こすこともあります。新生児がいたり妊娠している人がいる家庭は特に注意が必要です。